鈴木まさのり広報室
プロフィール 政策と公約 なんでもQ&A まさのりアルバム 議会だより トップへ

活動記録
 
なんでもQ&A
みなさまからの質問に鈴木まさのりがお答えします。県のこと、町のこと、なんでもどんどん質問してください!どんな小さなことでもかまいません。
 
文教公安常任委員会 県外現地調査
(福井県、石川県、富山県)
平成29年7月31日〜8月3日


※画像クリックで拡大写真がご覧いただけます。

7月31日

福井県警察 交通部運転免許課(運転者教育センター 春江)


福井県警察では、改正道路交通法の円滑な施行に向け、高齢者の認知機能検査に関し、平成29年度から、全国に先駆けて民間企業へ全面委託を実施。高齢運転者の不安軽減や指定自動車教習所の負担軽減等を図っている。

8月1日

(1)福井県教育委員会(福井県議会棟にて説明を受けた)

県議会棟入口にて

福井県は、全国学力・学習状況調査において、全国トップクラスの成績を継続して達成している。

☆「福井の教育」の特色

・中学校での授業の「タテ持ち」
1人の教員が1つの学年を担当する(ヨコ持ち)のではなく、1人の教員が3学年すべてを担当するシステム。
3学年分の同一教科を担当することで、複数の教員が助け合う「教科会」が充実。

・大量の宿題
計画的に質の高い大量の宿題を出し、丁寧に点検して宿題をやり切らせる。
学習の習慣づけが高い学力を支えている。

・無言清掃
ほうきを使わずに、無言で雑巾がけでの拭き掃除を行う(床を磨く=心を磨く)。

・福井型18年教育
保幼小、小中、中高といった異校種間の連携に積極的に取り組んでいる。
とりわけ、多数の教員が小中両方の教員免許を所持しており、人事異動も小中間で頻繁に行われていることもあって、小中連携は充実している。

(2)石川県警察「金沢西警察署」




石川県警察では、「来日外国人等の急増への対応」を重点推進項目の1つに掲げ、取り組みを強化している。

平成29年に金沢港に入る外国クルーズ船は50本超が見込まれ、同港を管轄する金沢西警察署では、外国語に堪能な署員による「ベイポリス」を立ち上げるなどして、来日外国人対策を推進している。

丁度、コスタ・ネオロマンチカ号(伊)が出港し、酒田港へ向かうところに出会った。

8月2日

(1)富山県氷見(ひみ)市役所


平成26年に廃校となった県立高校の体育館を改修して氷見市役所新庁舎として活用し、防災・市民サービス・財政負担の3つの課題を解決した。

新庁舎づくりの過程で、市民参加のワークショップ等を通じて、新庁舎の機能やデザインに市民の声を活かす取り組みを行った。

(2)富山県立高岡高等学校


平成23年4月に探究科学科(人文社会科学科・理数科学科)を開設し、本格的な探究型学習を推進してきている。 東京大・京都大・大阪大はじめ、国公立大に多数進学。

平成26年度には文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、グローバル人材の育成に力を入れている。

戦後、文部大臣などを歴任し、日中友好に大きな功績を残された「松村謙三」氏は、第1回卒業生であり、「蛍雪」の書が掲げられていた。


山形県議会議員 鈴木正法(まさのり)/TEL.0237-72-2266 FAX.0237-73-4501